2006年10月アーカイブ

選んでカルカンねこまっしぐらのレトルトパックが安かったのでまとめて通販。
買ったは良いが置くとこ無くてとりあえず冷蔵庫へ。
紫の貴公子も真っ青です。
ちなみに要冷蔵では無い。
kalkan.jpg

kalkan2.jpg
フリマで売ろうかと押し入れにしまってあったミッフィーを探し出して来て得意げなキクマサ。
とうとう、やっちゃいました。
そう、禁断の領域に足を踏み入れてしまった。
買ってしまったのです、アレを。
絶対買うまいと思っていたのだが、キクマサの運動不足解消のためには致し方ない。
それはね、キャットタワー
予想通りカワイク無い!キィィィィ!
しかも組み立てがチョー大変でおかーさん汗まみれよ!
持っててよかった、電動ドライバー。
ここまで苦労して作って見向きもしなかったらヤダなあ…
とか心配しつつ、眺めの良い窓際に設置。
「ほーら、楽しいよ〜」
とか言っても登りません。
チッ、仕方ねえ、おもちゃで釣ってみた。
ビクつきながらも登る登る。
おお、どうやら気に入ったご様子。
頂上で微睡むキクマサ。
cattower.jpg

良かった…はっ、これじゃあ運動不足解消にならんがな…
私は出かける前にシャワーを浴びる。
夜に風呂入っても、朝浴びる。
キクマサがこのことに気付いた。
アタシが風呂場から出ると、トトトトトッと飛んできて、
「ニィ〜」と、甘え声を出しつつアタシのスネにスリスリと絡み付き、ゴロ〜ン。
「ほら、アンタの好きにしていいのよ」
CIMG2309.jpg
みたいな顔して誘うのだ、実際は好きにさせない訳だが。
せっかくの遊び相手に出掛けられては困るニャ!
という事で彼女なりの引き止め策なんだろうが、
風呂上がりの足に体をスリスリされるとだ、
こっちはネコ毛だらけ、ネコはずぶ濡れ。
ぎゃああ、やめてええ。
ニィ〜、ニィ〜。

裸の攻防戦の末、風呂場から出る前に体を拭くことにしました。
アタシが出掛けようが出掛けまいが関係無く、今日も風呂上がりはスリスリ、ゴロン。
kagoiri.jpg
最近のキクマサお気に入り、プラスチックのカゴ。
洗濯カゴに使っていたのだが、空になった隙に入られて以来キクマサのモノになってしまった。
ん〜、カワイイので追い出せない。
しかしせっかく買ったおもちゃは追い出す。
CIMG2622.jpg
2回目のワクチン接種のため、キクマサを動物病院に連れて行く。
キャリーで移動中に鳴くことはほとんど無いし、病院で暴れることも無いので割と良い子扱いされる。
家だと目薬さすのも鳴いて大暴れして一苦労なんだけどね!
外面イイ奴…
なので病院のお姉さんたちには可愛がられる。
みんな可愛がられるのかもしんないけど。
久々に行った近所の美容院からトボトボ帰る途中、デッカイ猫が軒先で寝てる店を発見。
ここは何じゃら?狭い店内を覗くとニャーがいっぱい居るぅ...ムッハー!
CIMG2574.jpgCIMG2572.jpg

そこは今年一月に惜しまれつつも閉園したねこたまの系列の猫専門店だった。

おお、こんな近くにこんなステキな所が有ったとは...はぁと。
吸い込まれるようにフラフラとお店に入ると、キャワイイ猫アイテムがいっぱい。
そうだ、いい加減に輪ゴムの首輪をもうちょっと立派なものに変えよう。
やっぱ女の子だから赤とかピンクがいいかすらん、とかウキウキして選んでる横で変なジジィおじいさんが店員の女の子二人を捕まえて、ずーっと酔っぱらいの戯言昔話をしている。

いつも朝は今日の占いカウントダウンの流れのまんま、とくダネを見ている。
今日はキクマサも北朝鮮の動きが気になるらしく、真ん前で見入っていた。
笠井アナの手の動きに少々反応、小倉さんの話を真剣に聞いていた。
ところが、ライス長官が出た途端「ニィ!」と言って食いついた。
あらあら、それはゴハン(ライス)じゃないわよ!
異常食欲の秋のねこ。育ってます。
CIMG2544.jpg
なんか今朝よりひとまわりデカくなってる気がする…
いや、きっと気のせい…かな。
昼間の留守番中にたっぷり寝ている早朝の目覚ましキクマサに対抗すべく、
一人でも遊び疲れそうな猫のおもちゃを探しに、近所のペットショップに行った。
以前に起き上がりこぼしタイプのネズミのおもちゃを与えたのだが、全く無反応。
ゴムひもが付いたウサギ毛玉の釣り竿タイプのおもちゃはたいそう気に入って破壊されたので、 ウサギ毛玉ネズミ型のぶら下げタイプをゲット。

あとキャットフードでも買ってこうかな〜、と店内をウロウロしているとショーケースの中にロシアンブルーの子猫を発見。
うひゃーカワイイな〜、なんて見てたらあれっ?爪が無い...
うちのキクマサより小さいのにスパッと切られてる。
獣医さんは爪を切ったら猫が猫らしくなれないから大人になるまで切っちゃ駄目って言ってたのに。
この子はもう猫にはなれないのかもしれない。
ペットショップの動物達は物悲しい。

さて、肝心のおもちゃは無事気に入ったようでキクマサとウサギ毛が宙を舞い、今朝は目が痒くて目が覚めた。
CIMG2393.jpg
CIMG2049.jpg

ねこの肉球がたまらない、という人が多いけど ねこのお腹もたまらない。
もちろん肉球もいいんだけどゴロン、とかされたらイチコロ。
白いお腹もいいけど、きくまさの柄入りのお腹もなかなか。
飯食った後のパンパンに膨れた腹とか笑える。
左利きらしい。
まず一撃を与えて、どう出るか様子を伺うところがニクイ。
CIMG2305.jpg

三日間の旅行を終え、自分も猫も無事帰宅。

預けるとき、餌くれる奴なら誰でもいいんだろ、このメス猫が!
三日も離れたら俺のことなんか覚えちゃいねえよ。
とか言ってたけど、ちゃんと覚えてたらしい。

ちょっと嬉しい。
CIMG2076.jpg

今日は約一ヶ月ぶりの一人暮らし。
何故なら明日から三日間、旅に出るのできくまさを里帰りさせたのです。
元々居たはずの猫屋敷に預けに行ったんだけど、
ほかの猫にビビりまくりでシャーシャー威嚇しまくって嫌われていた。
すっかりワガママ一人っ子に育ってしまったようで、
ほかの猫と遊ぶところを見たかったのにちょっと残念。
独り部屋に隔離したらのびのび遊んでた。

拾い主で元飼い主の前の会社の社長(説明臭いな)に
「猫を飼ったら生活がガラッと変わったでしょう」と言われたが、
「いや〜、特に変わんないっす」と答えた。
すると先輩が
「飼ったときはね、あんまり変わんないんだよね、居なくなると感じるらしいよ」
「てことは、今日それを感じる訳ですね!」ワクワク。

さて、きくまさの居ない部屋に帰ってみると、何か足りない気がする。
ああ、なんか足んない。
これかあ。
今日はよく眠れそうだ。

なんて強がってみた。
ちょっと寂しい。
何故かペットボトルに異常な敵意を燃やすきくまさ。
やはり猫はペットボトルが嫌いなんだろうか。
ちなみに部屋が汚く見えるのは気のせいです。
ケーブルが多いだけです。
猫と子供は散らかすんです!汚い訳じゃない!
udemakura.jpg
腕枕とかしてみる。
会社の男子に
「ほれ、腕枕〜」って見せたら、
「そんなんじゃない、もっと重い」
と言われた。
そういう物質的なことじゃなくてさ、こう、気持ちをね…