2006年12月アーカイブ

猫の耳の毛細血管ってスゲー。
縁取りされてる。


kikumasa1231-2.jpg
そんな訳で来年もよろしく(ウィンク)。
一昨日帰って来たらキクマサお気に入りのアヒルもどきぬいぐるみが、
kikumasa1226-1.jpg
こんな風にカリカリごはん用のお皿に乗っかってるのだ。
気のせいかなと思ってたけどまた次の日も乗ってた。
まさかな、なんて思ってたら今日もこんな。
kikumasa1226-2.jpg
これは一体何を表現しているのだろう。
こんな不味いモンはぬいぐるみにでも食わしとけ!
か、
仲良しのアヒルちゃんにも食べさせてあげるニャ!
か。
どっちかなあ、多分前者だろうなあ。

アタシは新鮮なウェットフードしか食べないのよ!とカリカリをぬいぐるみに食わせる猫。
kikumasa1226-3.jpg
しかし見事な汚れっぷりだな、このアヒル。
朝、会社に行こうと玄関に向かいつつ、
一応キクマサに「行ってくるよ」的な挨拶をしようと部屋を見回すと、見当たらない。
あれ?
もうベッド下のお休みスペースに入っちゃったのかしら、冷たいわね。
なんて思って靴を履こうとしてビックリ。
いつの間にやらブーツのすき間に気配を消した猫が一匹。
kikumasa1224.jpg
「どこ行くのよ〜」
ってな顔してジーっと見てた。
会社行くんだよ!会社!
で、前屈みになって靴を履くと、ちょうど靴棚の上の猫の目の前に私の頭が来る。
バシバシ!「どこに行くんだよ!」バシバシ!
「イテテテテ!」
上から目線の猫パンチが私の頭を襲う。
たまに顔の下に回り込んで両手で頭を挟み込んでバシバシ!
猫の家庭内暴力から逃げるように家から出て、ふと忘れ物に気づいて戻る。
つい30秒ぐらい前までバシバシしてたくせにもうベッドの下でお休み中。
出てきやしない。
いいなあ、寝子。
窓の外の鳥を見つめる真剣な顔のキク。

でもベロ出てる。
kikumasa1217-2.jpg
ベロ出てるよ。
kikumasa1217-3.jpg
出てるって。
kikumasa1217-4.jpg
下から見ると更にカワイイ…
kikumasa1216-2.jpg
キャットタワーの頂上からいつも外を見ているので、ベランダに放してみた。

のびのび楽しそう。

お外に興味津々。

この狭い家の中だけじゃつまらないだろう、
よーし!キクマサお散歩計画実行。

私の夢、それは猫の散歩。
キクマサが来たときから用意しておいた猫用ハーネスがやっと使える時が来た。
装着したハーネスにじゃれるキクマサを、ゴミ捨てついでに外に連れ出した。

「ほら、いつも見てたお外だよ〜」
「ニィ〜」
あら?
丸くなって玄関の前からピクリとも動かない。
しょうがないので抱っこしてゴミ捨てに行く。
抱っこした足がちょっとプルプル震えている。
キクちゃん、超ビビリだったことが判明。
お前、本当に野良だったのか…?
ほんの四ヶ月の間にすっかり野生を失ったようです。
ずっと家の中に閉じ込めていることに密かに罪悪感を感じていたのだが、
猫って環境に合わせて変化するのかな。
もしくは忘れっぽいのか。
お外を忘れているということは今の生活に満足している、と思いたい。
キャットタワーの頂上でひなたぼっこしてウトウトするキクマサ。
これはシャッターチャーンス!と思ってそっと立ち上がっただけで起きちゃうのよね。

熟睡してる所をほとんど見ないんだが、やっぱ居ないときにグーグー寝てんだろな。
寝てる動物を弄くるのが好きな私としては欲求不満。
更にコイツはカメラのレンズが動くのが気になるらしく、
カメラを近づけるとパンチしてくるのでアップが撮れません。

あと寝てるときに顔を覗き込んで目玉にパンチするのも止めて欲しいなあ。
怖いから、マジで。
猫はバッグが好きだ。
口を開けて放置してると中に入ったり、中のものを引っ張り出したりして遊ぶ。
よく会社に行ってバッグの中を見ると、キクが遊んでたビスとか輪ゴムが入ってることが有る。
が、先日はちょっと違った。

かゆみ止めの薬を出そうと、バッグに入れたお薬ポーチの中を探すが見当たらない。
「んっ?」何かが居る。

代わりに入ってたのは、キクが遊びまくってシッポも無くなってるボロボロのねずみのおもちゃ
「うわ…やられた」
そう言えばかゆみ止めの薬の容器はキクマサのお気に入りだった。
いつの間に…
家に帰っても未だに薬は見つかりません。
痒い、困った。

そのねずみに猫パンチを繰り出すキクマサ動画。
シッポを持ってる手を攻撃され、つい声が出てしまった。
のどをゴロゴロしているキクマサを見て驚愕。

全身茶色なのに首に真っ白い毛が丸く生えた部分が!
こ、これは…昔飼っていたシャルトリューのマロと同じ模様…!
※これがマロ↓
maro02.jpg
「マロ!お前、マロなのか!?」
と、大興奮。
キクマサは何のこっちゃ、ゴロゴロ。
そう言えば「ニ〜」っていう、あのか細い鳴き方とかちょっと似てるかも。
そーかそーか、お前はマロだったのか。
と、勝手に思い込んでウキウキしつつ会社の後輩に
「うちの猫さ、首のところに白い丸があるんだよ〜」
「あ、ウチのも有りますよ」
あん?
後輩の猫は黒猫、だけど首だけに白斑点有り。
な〜んだ、よくあることだったのね、アハハハ、ツマンネ。
しかし何でみんな同じとこに白い毛が生えるんだろう、不思議だ。

目と口が×になってる娘。
kikumasa1204-4.jpg

右手をう〜んと伸ばしたまま、もの凄く中途半端な姿勢で寝てたので、

お手をさせてみた。

人が居ないとずっと寝てるくせに、居ると何だか起きてようと頑張るキクマサ。
でも限界。